お腹が痛い女性
公開履歴
お腹を抑えている女性

胃腸薬は胃のもたれや胃痛など、胃の不快な症状を改善する効果を持っています。
1度はお世話になった事がある方も、多いのではないでしょうか。
胃腸薬はドラッグストアなどでも、手軽に購入できるという事もあり、常備しておきたい薬の1つです。
胃痛や胸やけにネキシウムが効果的です。
ただ、飲み方を間違ってしまうと、効果が現れなかったり、体に悪影響を及ぼしてしまう為、注意が必要です。
薬を服用する際に、手元にあるお茶やコーヒーで流し込んでしまう方は、少なくありません。
「どうせ胃の中に入ったら同じ」と、考えてしまいがちですが、お茶やコーヒーでの服用はNGです。
お茶やコーヒーに含まれるカフェインや、タンニンという成分は、薬の吸収を阻害する作用があると言われています。
せっかく飲んでも薬が吸収されず、胃の不快感は残ってしまうかもしれません。
また、胃腸薬の中には胃酸を中和する、「制酸剤」の作用を持つものも多いようです。
制酸剤の効果がある胃腸薬は、お茶やコーヒーだけでなく、牛乳や炭酸飲料で服用する事は止めましょう。
炭酸飲料水で服用すると、胃酸を中和する作用が弱まってしまいます。
また牛乳で飲んでしまうと、頭痛や吐き気、食欲不振を伴うケースもあるようです。
胃腸薬を服用する際は、必ずコップ1杯の水で飲むようにしましょう。
この他に注意したいのが、薬を飲むタイミングです。
胃腸薬は症状などに合わせて、服用するタイミングに違いがあります
出すぎた胃酸を中和する、成分の吸収を高める薬なら、食前や食間に服用すると効果的です。
消化を助ける効果のある薬は、食後に服用する事で作用を発揮します。
いつのタイミングで飲めば良いかは、パッケージや説明書に必ず明記されています。
ですので、何となく飲むのではなく必ず、飲むタイミングをチェックする事が大切です。
胃の悩みとともに体の痛みに悩まされている人もいるでしょう。
そんな人にはボルタレンをおすすめします。
ボルタレンには鎮痛の効果があるので、痛み全般を抑えることができます。
いつ痛みに襲われてもいいように、ボルタレンなどの痛み止めは常備しておくと便利です。
関節痛は何の前触れもなく突然起きます。
そんなときのためにも薬の準備は大切です。
「備えあれば患いなし」です。
治療法も様々なものがあるので、適切な治療を行なっていけば悪化し続けることは防ぐことが可能です。

記事一覧
胃腸薬による対処だけではない暴飲暴食と頭痛の関係

暴飲暴食と頭痛の関係は時に密接にある可能性があります。 飲み会の多い時期に過剰に飲食をしたり、ストレスなどから暴飲暴食をしたりすることによって胃や肝臓を傷めることになり、さらに肩こりが酷くなります。 この肩こりによって、肩から首、首から頭につながる筋肉の部分に負荷がかかることで頭痛が引き起こされる場合があります。 あるいは、暴飲暴食による消化不良が原因で、体内バランスが崩れて頭痛やその他様々な体調不良が引き起こされる場合もあります。 消化不良と頭痛の関係についてですが、私たちの体は本来日常的に体内に取り入れている毒素を外に排出しなければいけません。 毒素とは、日常的に食べている食品に含まれている添加物や防腐剤、市販・処方問わず頭痛薬や胃腸薬といった薬、その他外部からのストレスなど様々なものが原因とされています。 頭痛には頭痛薬を、胃や腸などの消化器系の不調には胃腸薬を処方しますが、薬にはある症状を抑えたら別の症状を引き起こす副作用があります。 そのため、過剰な飲食が頭痛の関係の元にあるからといって、胃腸薬を定められた用量よりも多く処方するということは、体内に毒素を過剰に取り込んでいることになります。 毒素は消化や代謝といった私たちが生きる上で重要な機能を低下させます。 消化や代謝といった生命活動が低下することで、体内バランスが崩れ、免疫系を弱らせ、結果的に頭痛を含め、老化の進行を早めたり、がんや心臓病、糖尿病などといった様々な病気を引き起こしたりする原因になります。 消化不良が原因の頭痛の場合、胃腸薬を処方するよりも、私たちの体の重要な機能である消化と代謝といった生命活動を阻害している毒素を体内から排出する必要があります。

2019年09月11日
胃腸薬のオススメランキング

急な胃痛や、食べ過ぎによる胃もたれなど…なにかとお世話になる機会が多い胃腸薬。 わざわざ病院に行くほどの症状ではないけれど、市販薬は種類が多すぎてどれが効くのか分からないとお困りの方必見の、市販の胃腸薬をご紹介致します。 まずは第一三共ヘルスケアの製品、「第一三共胃腸薬プラス」。 こちらはいわゆる総合胃腸薬と呼ばれるタイプの薬で、胃酸を抑える成分や、胃粘膜を保護する成分がバランス良く含まれているので、食べ過ぎによる消化不良から、食欲不振、胃酸過多による悪心などの胃腸のトラブルに良く効きます。 常備薬として1つあれば安心できるでしょう。 次に、緊張しすぎによる胃痛・腹痛に効くのが大正製薬の製品、「ストパン」。 ストレス社会の現代、仕事や学校などで緊張が続くとキューッと胃が掴まれたように痛むなんて方も多いのではないでしょうか。 そんな時に効果を発揮するのが、胃腸の過剰な収縮を抑える成分を含んだストパンです。 出先で胃が痛くなるのが不安…、という方は、鞄にこの薬を忍ばせておくと良いでしょう。 食べるとすぐに胃もたれを起こしてしまう方には、エーザイの製品、「新セルベール整胃」がオススメ。 そもそも胃もたれとは、食べたものを消化する際に負担がかかっていることが原因です。 何らかの理由によって胃の働きが弱くなってしまうと、なかなか消化が出来ず結果的に胃もたれとなってしまいます。 そんな胃もたれの症状に悩まされている方には、胃の粘液を増やす成分、胃の運動を活発にする成分、そして消化を助けてくれる成分がバランス良く配合されたこちらの薬がオススメです。 ただ、どれだけ市販薬を飲んでもなかなか症状が改善しない場合には、「合わない」「別に原因がある」ことが考えられますので、早めに専門医の受診をすることが大切です。

2019年08月23日
妊娠時に胃腸薬の服用は大丈夫?

胃腸薬はさまざまな場面で使用される常備薬のひとつですが、薬はどのような時でも益となる効果と、副作用としてあらわれる損となる効果があります。 ほとんどの薬は副作用が問題のない範囲におさまるように設計されているのですが、その人の状態が通常とは異なるのであれば、本来問題無かったはずの副作用が強く表れることもあります。 特に注意をしなくてはならないのが妊娠中です。 妊娠中は食事の栄養素や薬の成分が胎児にまで移っていくことになりますから、普段使っていた胃腸薬であっても妊娠中は使えないということがあるのです。 これは市販の胃腸薬でも同様のこととなりますから、服用の際には慎重に決断をしなくてはなりません。 ではその判断はどのようにすればよいのかというと、最も確実なのは胃腸薬のラベルや取扱説明書を確認することです。 ラベル、取扱説明書には必ず服用の方法や条件などが記載されており、もし妊娠中に服用することができないようなものであれば妊娠中の服用を禁止するという記載がされているはずです。 またそれ以外にも判断するポイントになるのが成分表示です。 成分表示の中には使用されている医薬品成分が記載されていますが、ここに「ロートエキス」と記載されている場合、それは服用を避けた方が良いでしょう。 ロートエキスは成分としては非常に効果的ではありますが、妊娠中に服用すると胎児に頻脈などの症状が出てしまうリスクがあります。 体質によっては発生しないことも多いのですが、そうしたことは個人で判断できるような物ではありませんから服用は避けるべきとなります。 妊娠中は自分だけでは無く将来生まれてくる子供にも影響を与えますから、飲んでも良いかどうか判断ができないという場合には医師に相談をして決めるようにしましょう。

2019年08月03日