Month: September 2019
胃腸薬による対処だけではない暴飲暴食と頭痛の関係

暴飲暴食と頭痛の関係は時に密接にある可能性があります。 飲み会の多い時期に過剰に飲食をしたり、ストレスなどから暴飲暴食をしたりすることによって胃や肝臓を傷めることになり、さらに肩こりが酷くなります。 この肩こりによって、肩から首、首から頭につながる筋肉の部分に負荷がかかることで頭痛が引き起こされる場合があります。 あるいは、暴飲暴食による消化不良が原因で、体内バランスが崩れて頭痛やその他様々な体調不良が引き起こされる場合もあります。 消化不良と頭痛の関係についてですが、私たちの体は本来日常的に体内に取り入れている毒素を外に排出しなければいけません。 毒素とは、日常的に食べている食品に含まれている添加物や防腐剤、市販・処方問わず頭痛薬や胃腸薬といった薬、その他外部からのストレスなど様々なものが原因とされています。 頭痛には頭痛薬を、胃や腸などの消化器系の不調には胃腸薬を処方しますが、薬にはある症状を抑えたら別の症状を引き起こす副作用があります。 そのため、過剰な飲食が頭痛の関係の元にあるからといって、胃腸薬を定められた用量よりも多く処方するということは、体内に毒素を過剰に取り込んでいることになります。 毒素は消化や代謝といった私たちが生きる上で重要な機能を低下させます。 消化や代謝といった生命活動が低下することで、体内バランスが崩れ、免疫系を弱らせ、結果的に頭痛を含め、老化の進行を早めたり、がんや心臓病、糖尿病などといった様々な病気を引き起こしたりする原因になります。 消化不良が原因の頭痛の場合、胃腸薬を処方するよりも、私たちの体の重要な機能である消化と代謝といった生命活動を阻害している毒素を体内から排出する必要があります。

2019年09月11日